医療保険見直しは入院保障や癌保障が重要

医療保険見直しは、入院保障や癌保障が重要です。

入院保障と癌保障

By on 2016年09月21日

医療保険を選ぶ際に重要視したいのが入院保障とがん保障です。入院が長引くと多くのお金が必要となります。医療費自体は社会保険があるため3割負担で良いのですが、それ以外に食事代を支払ったり個室代というものは自己負担となります。これらに備えることができるのが入院日額保障です。それと合わせて入院保障日数についても考えておく必要があります。この保障の内容は、加入している社会保険が変わるため会社員であるか自営業者であるかによっても変わります。自営業者は入院時の傷病手当金制度もないですし、入院してしまうとその期間の収入が途絶える可能性もありますから生活費の補償も含めて考えておくことが必要です。

また、がん保障については医療保険の特約でがんの保障をつけるのか、はたまたがん保険に加入するのかを検討する必要があります。がんについては他のものよりも保障を手厚くしておきたい場合には、がん保険に加入をするのが望ましいですが家族にがんにかかった人がいなくがんの保障については手軽で問題ないという人は、医療保険にがん特約を加えるのでも十分対応できます。この、がん特約にも保険会社によって内容が異なりますから自分に合ったものを選び取ることが重要です。

医療保険の見直し方

By on 2016年08月26日

医療保険や生命保険は最近多くの保険会社から販売されるようになったために、契約した時よりも自分に合う保険が販売されていることも多くあり、そのために見直しをすることが必要であるとよく言われるようになりました。

関連サイト《ほけんの時間【公式】|生命保険見直しの無料保険相談

保険というのは万が一の時のために加入するために多くの人が保障が手厚いものを選びたがるものです。しかし、手厚くしていけば際限なく保障をつけることができますし、そうすればその分だけ保険料が高くなっていきます。保険料が高くなりすぎると、毎月の負担が大きくなり保険料が支払えなくなることもあります。万が一保険料の負担が大きくなり支払うことができなくなると保険を解約しなければならなくなり、今まで支払った保険料は水の泡になってしまいます。

そこで、保険料を見直す際には必要以上の保障内容をつけないことが重要です。必要な保障は何か、他に加入している保険と保障が重複していないかを確認して一つずつ外していくことが重要です。特に、公的保障の内容については忘れがちです。社会保険で保障してもらえる保障内容と、会社員の人は会社で受けられる保障内容を確認することで、それでは補えない分を医療保険でカバーするようにすれば保障内容を減らしても安心することができます。

医療保険見直しをする

By on 2016年08月10日

世の中には様々な保険がありますが、怪我や入院をした時に保険金が支払われたり保障が受けられる保険が医療保険です。死亡時に家族に保険金がおりる生命保険だけでなく、仕事ができなかった時の保障や入院費用の足しになるようにと多くの人が医療保険にも加入をしています。生命保険は保険会社のみが販売している商品ですが、医療保険は損害保険会社も取り扱うことができるので、とても多くの保険会社が様々な種類の商品を販売しています。一昔前までは、生命保険会社で生命保険に加入した際のオプションとして加入するのが当たり前で、医療保険の身には加入できない場合が多くありました。このように、様々な保険の中から自分にあった医療保険を選べるようになったのはここ最近のことであるため、見直しをすることで今よりも保障内容がよくなおかつ保険料もリーズナブルになるということもあります。

そこで、ここでは医療保険の保険見直しをするにあたって確認すべきポイントと、新しく加入し直す場合につけたい保障内容について紹介をしていきます。保険の種類が増えたため、一人で複数の保険に加入している人も多くいますが、複数の保険に入ればそれだけ保険料もかさみますし、手続きの量も増えます。そこで、少しでも手間と保険料とを減らすためにも一つの保険で複数のことをカバーできることが望ましいです。そこで、特に必要である入院保障や癌保障について、確認すべきポイントについても紹介をしていきます。